体調と相談

生理中は性病に感染しやすい事についても書きましたが、1週間近く働けないのは収入面でも痛いというのは切実な悩みです。しかし、長い目で見ると痛みに耐えて生理中に出勤し性病に罹患してしまうとより長い期間休む、あるいは最悪の場合に退職する事になってしまいます。

現実として興味深い事に風俗の仕事で本格的に稼いでいる人は「体調には細心の注意を払っている」のです。風俗業に勤めていて成功している方は自分自身の体型や化粧にもほとんど24時間365日気を配っています。特に性病予防に関するリスクマネジメントは万全を期しています。

実は性病を理由に産婦人科の診察を受ける女性でも風俗業に勤める方は定期的に診察を受けていたりします。なので、生理中などの体調不良の時は働かない、性病に感染する前に定期的に病院にかかるという二重のブロックをおこなって性病予防をおこなっています。やはり身体があってのお仕事なので自分自身の身体は自分自身で注意深くケアしていかなくてはいけません。

また、利用者がサービス料を支払っている事から生理中でも「出勤している以上はしっかり仕事しろ」と普段通りのサービスを求められる事になりますので、生理中の休暇制度の利用、その前提として生理休暇制度のある店舗に勤める事も重要です。